このページでは、メッシュ図や宅地モニタリングで測定したデータを可視化したものを掲載しています。
 ※参考 南相馬市山側6行政区配置図 南相馬市原町区中央部行政区配置図(南相馬市の行政区割の地図です)
      土壌汚染図の見方
 
【著作権について】…このページに公開しているモニタリング図やメッシュ図はGoogle EarthやYahoo Japanの画像を使用しています。なので、それらの画像を含めての著作権を主張することはいたしません。このページで公開された数値の転用・拡散は自由ですが、その際は掲示板メールに連絡先・使用目的等をお報せいただけると嬉しい。

双葉郡富岡町土壌汚染図
 掲載日  対象地域      測定日     対象名 
 2017/09/21  双葉郡富岡町全域  2017/08〜09
 富岡町土壌汚染図
 2017年の8月から9月にかけて行われた富岡町の土壌汚染図です。町の一部はまだ帰宅困難区域です。図で見てもらえればお解りになると思いますが、帰宅解除になった区域もとても高い値を示しています。

南相馬市原町区大原地区メッシュ図
 掲載日  対象地域      測定日     対象名 
 2017/07/22  南相馬市原町区大原  2017/06〜07
 大原メッシュ図
 2017年の6月から7月にかけて行われた南相馬市大原地区のメッシュ図です。これで3巡目となります。図は2,015年との空間線量率を比較して作成してあります。街道筋(県道12号やふるさと林道)では、2年前と比べるとかなり低くなっています。街道筋では路肩(幅50cmぐらい)の土壌入れ替えが行われており、そのせいかも知れません。

双葉郡浪江町土壌汚染図
 掲載日  対象地域      測定日     対象名 
 2017/07/17
 2017/07/22
双葉郡浪江町  2017/04〜2017/07
浪江町全域土壌マップ
浪江町全域土壌マップ拡大図
 2017年7月10日に残っていた浪江町東部地域の土壌計測を行いました。これで浪江町の土壌計測も予定していた部分はすべて終わりました。
 浪江町の土壌がどのように汚染されているのかがよく分かります。上の図が全体図。下の図は上の図の黒線で囲まれた部分の拡大図です。

双葉郡浪江町土壌汚染図
 掲載日  対象地域      測定日     対象名 
 2017/06/28 双葉郡浪江町  2017/06/19〜22
 2017/04〜2017/06
浪江町東部地区土壌マップ
浪江町全域土壌マップ

 2017年6月19日〜22日にかけて、浪江町東部地域の土壌計測を行いました。これで浪江町の土壌計測も次回に僅かな個所を残すだけとなりました。上のマップは今回計測した空間線量率、や土壌汚染濃度の数値が入った図です。
 下のマップは今回計測した部分も含めた、浪江町全体(立ち入りが許されている範囲)の土壌汚染メッシュ図です。浪江町の土壌がどのように汚染されているのかがよく分かります。

南相馬市原町区大原地地区比較
 掲載日  対象地域      測定日     対象名 
 2017/06/27 南相馬市原町区大原地区  2015/06〜2015/12
 2017/06/23〜24
南相馬市原町区大原地区
 2017年6月に大原地区3巡目(2年おき)となるメッシュ法によるモニタリングを行いました。この図は、前回(2015年)のメッシュ図との比較です。全体的に少し線量が低くなっていますが、高いところは高いままです。

双葉郡浪江町土壌汚染図
 掲載日  対象地域      測定日     対象名 
 2017/06/02  双葉郡浪江町  2017/05/20〜26
 浪江町土壌汚染図1
  浪江町土壌汚染図2
 2017年4月に続き、5月も引き続き浪江町の計測を続けた。これで予定していた地域はのこり3分の一弱となった。図1は5月に計測したもの。図2は4月と5月を合わせたものです。。

双葉郡浪江町土壌汚染図
 掲載日  対象地域      測定日     対象名 
 2017/04/16  双葉郡浪江町  2017/04/03〜07
 浪江町土壌汚染図
 2017年3月31日に避難指示解除となった浪江町の計測結果です。対象となる地域は常磐道とJR常磐線に挟まれた地域ですが、今回はその4割程度の結果です。残りは5月、6月の予定です。私たちが思っていた以上に汚染されていました。

南相馬市原町区高倉地区メッシュ図
 掲載日  対象地域      測定日     対象名 
 2017/03/25  南相馬市原町区高倉  2015〜2017
南相馬市原町区高倉メッシュ図
 2015年と2017年に行われた高倉(たかのくら)地区の空間線量率メッシュ図を比較したものです。2巡目は2015年3月実施でしたが、3巡目は1月と3月におこなっています。また、データの1部に2016年秋の馬場のものが含まれています。

南相馬市原町区大谷地区メッシュ図
 掲載日  対象地域      測定日     対象名 
 2017/02/03  南相馬市原町区大谷  2015〜2017
 南相馬市原町区大谷メッシュ図
 2015年と2017年に行われた大谷地区の空間線量率メッシュ図を比較したものです。2013年(1巡目)や2015年と比べると、今回のものは、枝道もほとんどカバーしています。北方向の集落でピンク(0.6μSv/h以上)の部分が少し減っていますが、山側は相変わらず高い値を記録しています。

南相馬市小高区羽倉・大富地区土壌汚染図
 掲載日  対象地域      測定日     対象名 
 2017/01/09  南相馬市小高羽倉・大富  2016/10〜2016/12
 南相馬市小高区羽倉土壌汚染図
 2016年10月〜12月にかけて行われた、南相馬市小高区西部にある羽倉・大富川房地区の土壌汚染図です。これで小高区の西側地区の一巡目モニタリングはほぼ完了しました。

南相馬市小高区羽倉・大富地区空間線量率メッシュ図
 掲載日  対象地域      測定日     対象名 
 2017/01/03  南相馬市小高羽倉・大富  2016/10〜2016/12
 南相馬市小高区羽倉・大富メッシュ図
 2016年10月〜12月にかけて行われた、南相馬市小高区西部にある羽倉・大富川房地区の空間線量率メッシュ図です。これで小高区の西側地区の一巡目モニタリングはほぼ完了しました。

南相馬市小高区西側全体の空間線量率メッシュ図
 掲載日  対象地域      測定日     対象名 
 2016/12/07  南相馬市小高区西側  2016/04〜2016/10
 南相馬市小高区西側全体の空間線量率メッシュ図
 2016年4月〜10月にかけて行われた、南相馬市小高区西部にある大富・金谷・川房地区の空間線量率メッシュ図です。11月8日に掲載した分のコンプリート版です。約1470ポイントあります。羽倉地区は未計測です。

福島県川内村土壌汚染図
 掲載日  対象地域      測定日     対象名 
 2016/12/02  福島県川内村  2016/11/21〜2016/11/26
 川内村土壌汚染図
 2016年11月21日〜22日にかけて行われた、福島県川内村の土壌汚染図です。川内村はたいへん広くすべてをカバーするには多くの日数を必要とします。今回は東部地区を重点的に測定しました。

南相馬市小高区西側全体の空間線量率メッシュ図
 掲載日  対象地域      測定日     対象名 
 2016/11/08
 南相馬市小高区西側  2016/04〜2016/10
 南相馬市小高区西側全体の空間線量率メッシュ図
 2016年4月〜10月にかけて行われた、南相馬市小高区西部にある大富・金谷・川房地区の空間線量率メッシュ図です。小高区北部の羽倉および大富の1部がまだ済んでいないので、暫定版です。約1470ポイントあります。

南相馬市小高区金谷・川房地区土壌汚染図
 掲載日  対象地域      測定日     対象名 
 2016/11/04  南相馬市小高区金谷・川房  2016/07〜2016/10
 南相馬市小高区金谷・川房土壌汚染図
 2016年7月〜10月にかけて行われた、南相馬市小高区南部にある金谷・川房地区の土壌汚染図です。

南相馬市原町区馬場地区メッシュ図
 掲載日  対象地域      測定日     対象名 
 2016/11/02  南相馬市原町区馬場   2016/08〜2016/10
 南相馬市原町区馬場メッシュ図第3回目
 2014〜2016  南相馬市原町区馬場メッシュ比較図
 20168月〜10月にかけて行われた、南相馬市原町区馬場地区第3回目のメッシュ図です。下段は2014年に行われた第2回目との比較図です全体的に数値は低くなっています。半減期の早いセシュウム134の減衰の分かと思われます。

南相馬市小高区大富・金谷地区土壌汚染図
 掲載日  対象地域      測定日     対象名 
 2016/11/02  南相馬市小高区大富・金谷  2016/07〜2016/10
 南相馬市小高区大富・金谷土壌汚染図
 2016年7月〜10月にかけて行われた、南相馬市小高区大富・金谷地区の土壌汚染図です。大富の北部が未採取なので、暫定版とします。11月末には完了見込みです。

南相馬市鹿島区橲原地区土壌汚染図
 掲載日  対象地域      測定日     対象名 
 2016/10/08  南相馬市鹿島区橲原  2016/09/22〜2016/09/24
 南相馬市鹿島区橲原土壌汚染図
 20169月22〜24日にかけて行われた、南相馬市鹿島区橲原地区の土壌汚染図です。山間部が多い。山中はサンプルが採取し易いと思われがちだが、崖を削って通したような道が多く土壌採取ができる空地がなかなか見つからない場合の方が多い。

南相馬市小高区川房地区メッシュ図
 掲載日  対象地域      測定日     対象名 
 2016/10/03  南相馬市小高区川房  2016/07〜2016/09
 南相馬市小高区川房メッシュ図
 20167月〜9月にかけて行われた、南相馬市小高区川房地区のメッシュ図です。7月12日に帰還困難区域を除く避難指示区域が解除されたのですが、にもかかわらず除染作業は行われており、空間線量率も高いままです。

南相馬市鹿島区上栃窪土壌汚染図
 掲載日  対象地域      測定日     対象名 
 2016/08/02  南相馬市鹿島区上栃窪  2016/7/20〜2016/07/21
 南相馬市鹿島区上栃窪土壌汚染図
 20167月20日〜21日にかけて行われた、南相馬市鹿島区上栃窪地区の土壌汚染図です。計測は飯館村との境界であるはやま湖畔から始めました。下流なるに伴い、空間線量率や土壌の汚染密度が下がっているのがはっきり分かりますが、それでも40,000Bq/平方メートルをはるかに超えた放射線管理区域の値になっています。

南相馬市原町区大原地区、小高区太田和地区土壌汚染図
 掲載日  対象地域      測定日     対象名 
 2016/07/29   南相馬市原町区大原地区  2016/6〜2016/07
 南相馬市原町区大原土壌汚染図
 南相馬市小高区太田和地区  2016/7/18〜2016/07/19  南相馬市小高区太田和土壌汚染図
 20166月〜7月に行われたモニタリングは、原町区山間部の土壌サンプリングと、小高区の山間部の空間線量率モニタリングと土壌サンプリングを行った。8月は日差しの強い中での作業となる。できるだけ山の中を希望します。

南相馬市小高区金谷メッシュ図
 掲載日  対象地域      測定日     対象名 
 2016/07/25  南相馬市小高区金谷  2016/7/18〜2016/07/22
 南相馬市小高区金谷メッシュ図
 20167月18日〜22日にかけて行われた、南相馬市小高区金谷地区の空間線量率メッシュ図です。除染が終わったから避難解除したはずなのに、現地では祝日(18日)も除染が行われていた。

南相馬市山間部(大谷・高倉・押釜・馬場)土壌汚染図
 掲載日  対象地域      測定日     対象名 
 2016/07/14  南相馬市山間部  2015/12〜2016/06
 南相馬市山間部(大谷・高倉・押釜・馬場)土壌汚染図
 201512月〜2016年6月にかけて行われた、南相馬市山間部(大谷・高倉・押釜・馬場)の土壌汚染図です。

南相馬市横川ダム・鉄山ダム周辺土壌汚染図
 掲載日  対象地域      測定日     対象名 
 2016/07/10  南相馬市片倉〜横川ダム・鉄山ダム  2016/06/20
 横川ダム〜鉄山ダム周辺土壌汚染図
 20161月〜6月にかけて行われた、片倉から横川ダム・鉄山ダム周辺の土壌汚染図です。

南相馬市小高区大田和メッシュ図
 掲載日  対象地域      測定日     対象名 
 2016/06/29   南相馬市小高区大田和  2016/06/20
 大田和メッシュ図
 2016年6月20日に行われた小高区太田和のメッシュ図です。

伊達市保原メッシュ図
 掲載日  対象地域      測定日     対象名 
 2016/05/29   伊達市保原  2016/01〜2016/05
 保原メッシュ図
 2016年の1月から5月にかけて行われた伊達市保原のメッシュ図です。1月にできなかった場所を補完しました。こちらが最終版となります。

南相馬市原町区片倉メッシュ図、小高区飯崎メッシュ図
掲載日   対象地域     測定日   対象名
2016/05/27   南相馬市原町区片倉  2016/04〜2016/05  片倉行政区メッシュ図
 南相馬市小高区飯崎
  2016/04〜2016/05  飯崎行政区メッシュ図
原町区片倉と小高区飯崎のメッシュ図

南相馬市原町区大木戸メッシュ図
 掲載日  対象地域      測定日     対象名 
 2016/05/12   南相馬市原町区大木戸行政区  2013/09〜2013/10  大木戸メッシュ図
 2013年の9月から10月にかけて行われた大木戸行政区のメッシュ図です。

南相馬市原町区大谷メッシュ図
 掲載日  対象地域      測定日     対象名 
 2016/05/09   南相馬市原町区大谷行政区  2015/03/10〜13  大谷メッシュ図
 2015年の3月に行われた大谷行政区2順目のメッシュ図です。

南相馬市原町区矢川原メッシュ図
 掲載日  対象地域      測定日     対象名 
 2016/05/06   南相馬市原町区矢川原行政区  2014/10〜12  矢川原メッシュ図
 2014年の10月から12月にかけてモニタリングした矢川原のメッシュ地図です。

伊達市保原メッシュ図
 掲載日  対象地域       測定日   対象名 
  2016/05/05  伊達市保原 2016/01/19〜20 伊達市保原メッシュ図
 伊達市のモニタリングでは初めて50m×50mのメッシュで計測した。この結果、計測する地域によってメッシュの1辺の長さを考慮する必要があるのではないかと思われる。

南相馬市原町区馬場行政区・高倉行政区メッシュ図
掲載日   対象地域     測定日   対象名
2016/05/05   南相馬市原町区馬場  2014/08〜2014/10  馬場行政区メッシュ図
 南相馬市原町区高倉  2015/03/10〜14  高倉行政区メッシュ図
馬場・高倉行政区のメッシュ図

南相馬市原町区横川ダム周辺ギョロ測定図、小高区飯崎土壌メッシュ図
掲載日  対象地域      測定日  対象名
  2016/04/22  南相馬市横川ダム周辺  2016/04/15〜16  横川ダム周辺ギョロ測定図
 南相馬市小高区飯崎  2016/04/12〜13  飯崎行政区土壌メッシュ図
 ギョロ測定図は、横川ダム周辺をギョロガイガーで計測し、グーグルアースで可視化したもの。
 飯崎行政区土壌メッシュ図は、対象地域を1ブロック375m×500mに区切り、その中の中心点から採取した土壌を分析し可視化した。

南相馬市原町区押釜メッシュ図、小高区飯崎メッシュ図
掲載日  対象地域    測定日   対象名 
 2016/04/20   南相馬市原町区押釜  2016/03/10〜04/15  押釜行政区メッシュ図
 南相馬市小高区飯崎  2016/04/11〜13  飯崎行政区メッシュ図
 押釜行政区は、一部メッシュの一区画が150m×200mになっていたものを75m×100mで計測し直した。飯崎行政区は、小高区の山間部。今回初めて計測した。

南相馬市原町区深野・上栃窪・橲原・大原地区メッシュ図/横川・鉄山ダムメッシュ図
  掲載日  対象地域    測定日   対象名 
  2016/04/11  南相馬市原町区深野  2014/12  深野メッシュ図
 南相馬市原町区上栃窪・橲原・大原  2014/6〜2015/12  上栃窪・橲原・大原メッシュ図
 南相馬市横川ダム・鉄山ダム  2014/6〜2015/3  横川ダム・鉄山ダムメッシュ図
 上栃窪地区は2015/4〜12、橲原地区は2015/12、大原地区は2015/6〜12の間に測定。横川ダムから鉄山ダム周辺は今なおも高度に汚染されている。

南相馬市小高区教育機関モニタリング図
 掲載日   対象地域   測定日  対象名 
 2016/04/08  南相馬市小高区教育機関  2016/3/8 小高小学校
小高中学校
小高商業高校
小高工業高校
鳩原小学校
 南相馬市の避難指示解除準備、居住制限両区域の解除時期は2016年4月が目標であったのだが、どうやらそれも無理なようで、今後何回か説明会を開いたのちに政府と協議し正式な解除日程を決めるようだ。


南相馬市原町区押釜地区メッシュ図
 掲載日  対象地域  測定日  対象名
 2016/04/01
 押釜地区  2014/4、2016/3  第26回押釜メッシュ【暫定版】
 押釜地区のメッシュ図。2014年4月に測定したものと、2016年3月に測定したものの比較になっている。尚、2014年の西半分は1メッシュが200m×150mになっているので、2016年は100m×75mにして測定のやり直しをおこなっている。

飯館村教育機関モニタリング図
掲載日 対象地域 測定日 対象名
2016/04/01 飯館村教育機関 2015/11/16〜18 草野幼稚園
草野小学校
臼石小学校
飯樋幼稚園
飯樋小学校
やまゆり保育所
飯館中学校
相馬農業高校飯館分校
  この測定は、飯館村の住民の要請で行われた。現在、村は帰還困難区域を除き、17年3月までの避難指示解除を目指している。PTA会長らでつくる「村の子どもの将来を考える会」が7日、村が示した学校再開時期「2017年4月」は時期尚早だとして、20年4月以降に先送りを求めている。

   ホーム / 私たちについて/ モニタリング / 土壌分析 /公開データ / 資料